今までの禁煙補助薬として発売されていた貼るタイプの薬(禁煙パッチ)や、ニコチンガムは、ニコチンを体内に摂取して禁煙によるニコチンの離脱症状が生じるのを和らげることで禁煙を助けていましたが、この「チャンピックス錠」は、ニコチンをまったく含まずにタバコを吸いたいという気持ちを抑えたり、禁煙によるニコチンの離脱症状を軽減します。
また、チャンピックス錠を服用中に喫煙すると、タバコから得られる満足感が抑制されます。
★ チャンピックスの特徴:1
服用中、タバコを吸ってニコチンを体内に入れた場合、チャンピックス錠はα4β2ニコチン受容体にくっつき(拮抗薬として働き)ニコチンがくっつかないようにして、タバコを吸ってもあまり満足感が得られなくなります。(拮抗作用)

★ チャンピックスの特徴:2
喫煙行動は、脳内のα4β2ニコチン受容体が関係し、ここにニコチンが少なくなると、ニコチンが欲しくなりタバコを吸いたくなります。チャンピックス錠はこの脳内にあるα4β2ニコチン受容体にニコチンの代わりにくっつき(作動薬としてはたらき)タバコの離脱症状を軽減します。(作動薬作用)

★ チャンピックス錠1mg1日2回服用した群では65.5%(85/130例)の効果、プラセボを服用した群では39.5%(51/129例)という結果で、統計的に有意に高い喫煙率を示しています

チャンピックスは、飲み始めの1週間に服用量を徐々に増やします。
初めて服用される方は、飲み初めから2週間分の薬が入った「スタート用パック」を使用します。

※医師の判断により、スタートパックを使用しない場合があります。
1)禁煙開始予定日の1週間前からチャンピックスを服用し始めます。
  飲み始めの1週間は、喫煙しながらチャンピックスを飲みます。
2)服用8日目から禁煙してください。
自然に煙草を吸わなくなった場合は、8日目を待たず早めに禁煙に入ってください。
3)チャンピックスを計12週間服用します。

■ 禁煙のメリット
■ 禁煙を続けることで、
寿命が10年も長くなります

参考:Doll,R,et ai.BMU 328(7455):1519,2004
その他、禁煙についての詳細はこちら
以下の項目にあてはまる方は、医師にご相談ください。
□ 以前に薬を飲んで、かゆみや発疹などのアレルギー症状が出たことがある
□ 他に服用中の薬がある
□ 腎臓の病気がある
□ 妊娠中または授乳中である
□ 未成年者である
以下の事項にご注意ください。
■ ニコチン製剤との併用はしないでください。
■ 腎臓の病気がある場合は、主治医にお申し出ください。
■ 禁煙は治療の有無にかかわらず様々な症状
  (気分が落ち込む、イライラする、不安を感じる等)を伴うことが報告されています。
  また、もともとこのような症状がある場合は、その症状が強く出ることがあります。
  本剤を使用した場合にも、上記の症状がみられることがあるので、
   気になる症状があらわれたら、主治医にご相談ください。
■ めまい、眠気などの症状があらわれることがあるため、
   自動車の運転など危険を伴う機械を操作する時は注意してください。
チャンピックスを服用中に次のような副作用があらわれることがあります。
■ 主な副作用 ※国内臨床試験において通常の用法・用量で服用した被験者のうち、5%以上に発現したもの
□ 吐き気
□ 頭痛
□ 便秘
□ 上腹部痛
これらの症状は強くないことがほとんどです。
しかし、症状が気になるときは早めにかかりつけの医師に相談してください。
また、他に不快な症状があらわれた場合やこの薬について分からないことがある場合は、医師、薬剤師に相談してください。