★お医者さんと禁煙しよう

日本発、ニコチンを含まない飲み薬が発売されました!

今までの禁煙補助薬として発売されていた貼るタイプの薬(禁煙パッチ)や、ニコチンガムは、ニコチンを体内に摂取して禁煙によるニコチンの離脱症状が生じるのを和らげることで禁煙を助けていましたが、このニコチンを含まない飲み薬は、ニコチンをまったく含まずにタバコを吸いたいという気持ちを抑えたり、禁煙によるニコチンの離脱症状を軽減します。
また、服用中に喫煙すると、タバコから得られる満足感が抑制されます。

くにもと内科循環器科では、
健康保険等による禁煙治療が可能です

一定の要件を満たすことで、禁煙治療に健康保険等が適用され、あなたの負担も軽くなります。
あなたも「お医者さんと禁煙」を始めてみませんか?

健康保険等で禁煙治療を受けるには・・・
禁煙治療に健康保険等を適用するために必要なこと(外部サイト

健康保険等を使った禁煙治療では、
12週間で5回の診察を受けます

診察に行くと、はじめに喫煙状況などから健康保険等で治療が受けられるかをチェックします。
毎回の診察では、禁煙補助薬の処方を受けるほか、息に含まれる一酸化炭素(タバコに含まれる有害物質)の濃度を測定したり、禁煙状況に応じて医師のアドバイスを受けることができます。
「お医者さんと禁煙」すれば、楽に禁煙することができます。

2回目:禁煙薬開始後2週間

禁煙継続を確認します
禁煙がうまくいっていない場合、成功への方法を相談します
一酸化炭素量の再測定を行います
禁煙薬を処方します

3回目:禁煙薬開始後4週間

最初の受診日から1ヵ月後が3回目の受診日です
2回目の診察と同様に呼気一酸化炭素濃度測定や禁煙のアドバイスなどを受けます
この頃には、禁煙の様々な効果を実感し始めるはずです

4回目:禁煙薬開始後8週間

3回目の診察と同様に呼気一酸化炭素濃度測定や禁煙のアドバイスなどを受けます

5回目:禁煙薬開始後12週間

最初の受診日から3ヵ月後、最後の受診日です
見事に禁煙治療を完了されました!!

PAGE TOP

以前までのウェブサイト2002.7月~2006年までの院長の日刊雑記